目じり しわ

皺取りの前に

目じりにできてしまった皺を見ながらなんとか取れないかな?と思っている女性も多いと思います。目じりにシワができてしまう原因は「乾燥」と「加齢」の2つです。加齢によるシワはある程度は仕方のないところですが、適切なケアーをすれば少なくすることも可能です。目じりや目の周辺にできるしわの種類には「ちりめん皺」「目じり」「笑いじわ」といろいろな種類がありそれぞれ原因と対策も違ってきます。それぞれの原因と特徴を把握して目じりの皺対策をしましょう!

 

ちりめん皺

ちりめん皺は目の周辺にできるでこぼことしたシワのこと。乾燥が主な原因です。特に目の周りの皮膚は薄く乾燥しやすい部分です。

 

目じりに入る皺


加齢とともに目じりにできてくる皺です。笑ったときに目立つようになります。通称カラスの足跡と呼ばれるシワです。

 

笑いじわ


文字通り「笑ったときに」できる皺です。目じりだけでなく口元にもできやすい皺。

目じりの皺は乾燥から

「乾燥」は皺の大きな原因となります。目じり周辺にできるちりめん皺の原因はほとんどが乾燥。ちりめん皺に気づいたら徹底保湿をしましょう。保湿の要になるのが化粧水です。コットンに化粧水を適量とり目じり周辺を優しくパッディングします。目元周辺保湿マスクも効果的です。化粧水をたっぷり含ませたコットンを目じりや皺周辺に5分から10分程度置いておきます。これだけでもめじりのしっとり感は戻ってきます。オフィースの冷暖房も乾燥の元。スプレー式の化粧水を使いできるだけこまめに水分補給をしてください。保湿化粧品はこちらのサイトが参考になります

 

加齢による目じりの皺対策

 

皺は、笑ったり怒ったりしたときにへこんだ部分がなかなか元に戻らない肌のへこみです。元々人間の肌には弾力性がありへこんだ部分はすぐに元に戻ります。肌に弾力性を持たせているのがコラーゲンとエラスチン。この2つが肌の中でスプリングのよう働きをしてプリプリとした弾力性を保っているのです。

 

20代の前半頃まではお肌の中にたっぷりとあったコラーゲンとエラスチンも、加齢とともにもに次第に量が減ってきてしまいます。するとだんだんと弾力を失った肌は元へ戻るまでに時間が掛かるようになり、最後は元に戻らないようになってしまいます。これが顔に皺が深く刻まれてしまう理由です。コラーゲンとエラスチンが減ってしまう原因は乾燥と紫外線。その他ストレスや寝不足,偏った栄養などもお肌にダメージを与えてしまいます。栄養バランスの良い食事を心がけ、睡眠をたっぷりととりお肌の乾燥対策の化粧品を使ってスキンケアーを行うのが効果的です。

 

目じりの皺対策で評判のスキンケア

ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーを使ったしわやたるみ対策専用のスキンケア製品「ビーグレン」を ご存じですか

【こんな方にオススメです】
ホウレイ線をなんとか消したい 
目元のシワのために老けて見えてしまう
細かな乾燥ジワで悩んでいる
頬のたるみが気になる
頬や口の周りのたてジワが増えてきた

効果の高さからクチコミで評判になっているビーグレンですが、ちょっと信じられない保証まで付いてます。 「効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日以内は全額返金いたします」という内容。



目じりの皺取りにはボトックス

最近美容外科の世界で話題なのが「ボトックス」という皺取りです。最初は皺対策だったボトックスですが、最近では皺取りだけでなくいろいろな若返り治療に使われています。注射をするだけの治療なのでお肌へのふたんも軽く目じりに深い皺ができてしまった方には効果的。注射以外でも塗るボトックスも販売されています。美容外科では無料カウンセリングをしているところも多くあります。ボトックスに興味があれば一度カウンセリングを受けてみるのも良いのではないでしょうか。

リンク